我々の歴史2018-09-04T21:34:47+00:00

2013年3月にJapan Top 10、2014年6月にKTop10が、人気のあるJ-ポップおよびK-ポップを世界中のファンに定期的に提供し始めました。

元々Japan Top 10とKTop10は、2008年5月に始まったMTI Countdownsから派生しました。(MTI Countdownsは今では終了しています)。MTI Countdownsはプロデューサー ジャックが洋楽Top40を流す番組として始めました。現在のナビゲーターの多くも同番組の出身です。7年間の間に290エピソード、数人のナビゲーターがそれまでにない番組作成に精力的に取り掛かりました。残念ながら、かけた労力とリスナーの数が合わなかったことからMTI Countdownsの制作を取りやめ、Japan Top10とKTop 10に注力することが合理的と判断しました。MTI Countdownsは今ではJapan Top10とKTop 10の親会社として知られています。MTI Countdownsは2016年6月にMTI Top25: English Hit Songs Firstとして一度復活したものの、2016年末に再び中止してしまいました。

MTIよは元々は2000年代はじめにプロデューサー ジャックが書いた本からうまれ、2006年にはYou Tube上で様々なコメディビデオを提供するビデオチャンネルとなりました。プロデューサー ジャック以外にも、現在のナビゲーターのジリンを含む多くのナビゲーターがビデオの制作に参加しました。

2008年にMTI Countdownsのゲストナビゲーターとしてジリンが初めてのエピソードを完成するところ。

1063604_505749072828986_1596542229_n

2007年後半(ポッドキャスト登場前)には、「Maytable Inc.」を「MTI」に改め、You Tubeチャンネルも「MTI」として知られるようになりました。

2008年夏には、メンバーで集まってビデオを作製するのにあまりにも多大な労力がかかるため、ビデオ作製が難しくなっていきました。ビデオの制作が減っていく中、「MTI Countdowns」というポッドキャストを新たに作ることに注力し始めました。最初のいくつかのエピソードは2008年に発表され、ゲストナビゲーターとプロデューサー ジャックの軽いトーンの会話が繰り広げられる形で2010年まで作られました。

First official MTI Countdowns meeting in December 2012. Current staff, Paul is on the very right.

2012年12月に初めて行われたMTI Countdownsの公式ミーティング。現在もスタッフであるポールが最右端にいます。

2010年10月に初めて、フルタイムのナビゲーターとしてサンドラとアンディが参加しました。アンディは2010年以降一度番組を去りましたが2013年に再びメンバーとなり、2015年に卒業しました。サンドラは2015年までナビゲーターを務めました。MTI Countdownsに多くのナビゲーターが参加するに伴い、2012年初めにはエピソードが毎週土曜日に提供されるようになりました。ナビゲーターやスタッフは毎年入れ替わりましたが、20以上の人が空き時間を番組制作に捧げました。

MTI Countdowns(英語のポッドキャスト)が2015年6月に終了後、MTI Countdownsは現在のKTop 10 とJapan Top 10を有する組織の名称となりました。そして、今でもMTI Countdownsは所属組織名として存在しています。

20178月に、MTI Countdownsはカナダを拠点とする非営利団体として正式に法人化されました。これにより、リスナーの皆様に日本および韓国音楽産業における質の高いエンターテイメントを提供するという目標達成に向け、さらに前進することができます。


Japan Top 10は2013年3月1日に、サンドラとプロデューサー ジャック、MTI Countdownsポッドキャストに参加したスペシャルゲスト、アンジェラとシグマ(現ナビゲーターであるポールの別名)のメンバーでスタートしました。エピソードは当初2週間に一度、金曜日に提供しましたが2014年以降は通常のTop 10エピソードは2週間に一度、火曜日にリリースしています。サンドラは2013年にJapan Top10の唯一のナビゲーターとして参加し、2013年12月にはティムが参加します。そして、その後は多くのスタッフがポッドキャストに参加します。2015年6月にMTI Countdownsが終了後、ナビゲーターたちはJapan Top 10に加わり、そのうち一人はJapan Top 10でいくつかのエピソードを担当後K Top10に移りました。2015年には内部スタッフも初めてJapan Top10に加わりました。それまでは、スタッフ(MTI CountdownsとKTop 10含む)は全員ナビゲーターも担当していました。そして、2015年にはJapan Top 10が初めて日本のiTunesストアで一位となりました!不定期番組だった「月間アーティスト」は2015年に通常番組に格上げされ、毎月初日にシェーンのナビゲーションによって提供されました。2015年以前は、月間アーティストは特別エピソードの時期にのみ提供され、それに特化したナビゲーターはいませんでした。

2016年に、新たなオーディオエディターやナビゲーターとともに。2017年にはJapan Top 10Patreon Donor’s Clubを開始しました。Patreon Donor’s Clubは我々のpodcastをサポートするだけでなく、ご愛聴くださっているリスナーの皆様に、広告のないエピソードやより詳細にわたるエピソードといった特典をご用意しています。また、Japan Top 10では2017年のサマータイムスペシャルにて、ナビゲーター2名による共同エピソードを復活させました。


banneronwebsiteKTop 10の初エピソードは、2014年6月25日に米国ニューヨーク州のロチェスターでメインナビゲーターをアンディ、そしてプロデューサー ジャックとティムをゲストに迎えて録音されました。アンディは2015年3月にエリザベス(現在のジェネラルマネージャー)がナビゲーターとしてKTop 10に参加するまで1人でナビゲーターと運営を行いました。

Original KTop 10 hosts, Elizabeth (current staff) and Andy (2014-2015).

初代KTop 10ナビゲーターのエリザベス(現在もスタッフ)とアンディ(2014~2015年)

2015年半ばにアンディが卒業すると、エリザベスがKTop 10の運営を請負い、新たなナビゲーターや内部スタッフを迎えました。

KTop 102016年の終わりに雑誌The Krazeと共同で宣伝を始め、宣伝活動は2017年春まで続きました。また、2016年から2017年の間に、KTop 10への新メンバー加入もありました。


ここまでが当番組の歴史になりますが、まだまだこのポッドキャストの歴史は続いています。リスナーの皆さまが私達のポッドキャストの中心であり、皆さまの希望により新たな歴史は刻まれていきます。そのため、リスナーの方々の期待に沿う番組を作るために、皆さまからのフィードバックや寄付が非常に重要です。皆さまの期待に沿う番組を作ることが私達の目標であり、達成できるように日々精進します。

2011年から2013年にポッドキャストにナビゲーターとして貢献したアリーシャ リー。彼女が私達と一緒に過ごした日々を忘れることはありません。